原動機(油圧検出部)の不具合

リコール届出番号 1498
リコール届出日 平成17年8月8日
リコール開始日 平成17年8月9日
車名 カトウ
型式 下表 2型式
通称名 下表 1車種
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 下表
対象台数 145台
不具合の部位(部品名) 原動機(油圧検出部継手)
不具合の状況 原動機の側面に取り付けられている油圧センサーの取り付け方法が不適切なため、原動機の振動により圧力センサーを取り付けるために装着した継手のねじ部に過大な力が加わり、亀裂を生じエンジンオイルが漏れるものがある。
そのため、そのまま使用を続けると当該ねじ部が破損して、最悪の場合エンジンが焼き付き、走行不能に至るおそれがある。
改善措置の内容 全車両、継手を形状変更した対策品と交換し、圧力センサーの原動機への取り付け位置を変更する。

車 名 型   式 通称名 リコール対象車の車台番号の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数 備   考
カトウ KR512 カトウKR-50H型ラフター KR512-0151〜KR5120273
平成14年4月22日〜平成16年2月25日
123台  
カトウ SD−KR512 カトウKR-50H型ラフター KR512-1274〜KR512-1295
平成16年2月26日〜平成16年5月21日
22台  
  計2型式 計1車種 (製作期間全体の範囲)
平成14年4月22日〜平成16年5月21日
計145台  


対策箇所説明図
(PDF 120KB)