動力伝達装置(プロペラシャフト)の不具合

リコール届出番号 1747
リコール届出日 平成18年10月26日
リコール開始日 平成18年10月27日
車名 カトウ
型式 下表 3型式
通称名 下表 2車種
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 下表
対象台数 21台
不具合の部位(部品名) 動力伝達装置(プロペラシャフト)
不具合の状況 製造工程において、変速機から副変速機間のプロペラシャフトの焼入れ作業が不適切なため、焼入れ不良により、強度が不足しているものがある。
そのため、そのまま使用を続けると、プロペラシャフトが折損し、走行不能に至るおそれがある。
改善措置の内容 全車両、当該プロペラシャフトを良品と交換する。

車 名 型  式 通称名 リコール対象車の車台番号の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数 備  考
カトウ KA5152 - KA5152-0057〜KA5152-0751
平成16年12月8日〜平成18年5月31日
18台  
カトウ KA4100-1 - JK9A893V13A001063〜JK9A893V13A001064
平成17年2月10日〜平成17年6月13日
2台  
カトウ KA4100 - JK9A893V16A001065
平成18年5月13日
1台  
  計3型式 計2車種 (製作期間全体の範囲)
平成16年12月8日〜平成18年5月31日
(計21台)  


対策箇所説明図
(PDF 98KB)