操縦装置(逆かじ取補正用バルブ駆動配線)の不具合

リコール届出番号 3123
リコール届出日 平成25年3月26日
リコール開始日 平成25年3月27日
車名 カトウ
型式 下表 2型式
通称名 下表 2車種
リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
下表
対象台数 368台
不具合の部位(部品名) 操縦装置(逆かじ取補正用バルブ駆動配線)
不具合の状況 ホイールクレーンの上部旋回体に設置してある逆かじ取補正用バルブ駆動配線を含むハーネスの保護管と近傍にある油圧ホースが接触しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、油圧ホースの微振動により、保護管内部の配線の被覆が損傷して他の配線と導通するおそれがあり、逆かじ取補正用バルブ駆動配線に当該不具合が発生した場合、ステアリング操作が逆になるおそれがある。
改善措置の内容 全車両、逆かじ取補正用バルブ駆動配線の配索を変更する。また、当該部配線に損傷がある場合は、配線の補修を同時に行う。

車 名 型  式 通称名 リコール対象車の車台番号の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数 備  考
カトウ KR205 「カトウKR‐22H型ラフター」 KR205-0051 〜 KR205-0282
平成8年9月11日〜平成15年9月30日
231台  
カトウ KR248 「カトウKRM‐25H型ラフター」 KR248-0052 〜 KR248-3058
平成15年11月13日〜平成20年7月22日
137台  
      合計 368台  


対策箇所説明図
(PDF 248KB)