緩衝装置(サスペンションロックシリンダ)の不具合

リコール届出番号 3372
リコール届出日 平成26年6月19日
リコール開始日 平成26年6月20日
車名 カトウ
型式 下表 1型式
通称名 下表 1車種
リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
下表
対象台数 423台
不具合の部位(部品名) 緩衝装置(サスペンションロックシリンダ)
不具合の状況 サスペンションロックシリンダの固定ピン取付用ボルトの選択が不適切であったため、当該ボルトが緩み、脱落する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、サスペンションロックシリンダ固定ピンが抜けることにより、サスペンションロックシリンダに接続している油圧ホースが損傷し、最悪の場合、油が漏れてステアリング操舵が不能になるおそれがある。
改善措置の内容 全車両、サスペンションロックシリンダ固定ピン取付用ボルトを、座金組み込みボルト(スプリングワッシャ有り)に交換する。

車 名 型  式 通称名 リコール対象車の車台番号の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数 備  考
カトウ UDS-KRC011 「カトウKR‐25H型ラフター」 KRC011−0053 〜 KRC011−0497
平成25年3月26日〜平成26年2月21日
423台  
      合計 423台  


対策箇所説明図
(PDF 238KB)