制動装置(空圧回路),かじ取装置(蛇角センサ)の不具合

リコール届出番号 3550
リコール届出日 平成27年04月13日
リコール開始日 平成27年04月14日
車名 カトウ
型式 下表 1型式
通称名 下表 -
リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
下表
対象台数 下表
不具合の部位 (部品名) ①制動装置(空圧回路)
②かじ取装置(蛇角センサ)
不具合の状況 クレーン用台車の
①制動装置において、エアコンプレッサ配管の固定方法が不適切なため、原動機の振動で配管継ぎ手部に亀裂が生じるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行してエアが漏れ、最悪の場合、主ブレーキが利かなくなるおそれがある。
②かじ取装置において、舵角センサの取り付け指示が不適切なため、舵角センサ同士が干渉することがある。そのため、センサが正常に機能せず、最悪の場合、運転者の意思に反した操舵をするおそれがある。
改善措置の内容 ①全車両、エアコンプレッサ出口配管のクランプ位置を変更したブラケットと出口配管に交換する。
②全車両、1軸,2軸,3軸,4軸及び5軸のキングピン軸の突出し寸法を測定し、基準寸法に適合していない軸に対してスペーサを追加し基準寸法に適合するようにする。蛇角センサが損傷している場合は、蛇角センサ一式を交換する。

車 名 型  式 通称名 リコール対象車の車台番号の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数 備  考
カトウ KA5160 - KA5160−1051
平成27年03月17日
1台
KA5160−3051 〜 KA5160−7052
平成26年02月14日〜平成27年02月10日
13台 ①②
  (計1型式)   (製作期間全体の範囲)
平成26年02月14日〜平成27年03月17日
(計14台)  


【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

対策箇所説明図(PDF 381KB)
対策箇所説明図(PDF 290KB)