動力伝達装置(トルクコンバータ)の不具合

リコール届出番号 3947
リコール届出日 平成28年11月30日
リコール開始日 平成28年11月30日
車名 カトウ
型式 下表 3型式
通称名 下表 -
リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
下表
対象台数 1113台
不具合の部位 (部品名) 動力伝達装置(トルクコンバータ)
不具合の状況 ホイール・クレーンの動力伝達装置において、トルクコンバータのフロントカバーの製造が不適切なため、当該カバーの強度が不足しているものがある。そのため、走行時の油圧により亀裂が生じ、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進展してトルクコンバータオイルが漏れて警告灯が点灯し、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。
改善措置の内容 全車両、トルクコンバータを良品に交換する。

車 名 型  式 通称名 リコール対象車の車台番号の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数 備  考
カトウ UDS−KRC014 「カトウKRM‐20H型ラフター」 KRC014−0142 〜 KRC014−0321
平成26年11月5日〜平成28年6月16日
151台  
UDS−KRC011 「カトウKR‐25H型ラフター」 KRC011−0902 〜 KRC011−1790
平成26年11月14日〜平成28年7月15日
845台  
UDS−KRC015 「カトウKRM‐35H型ラフター」 KRC015−0056 〜 KRC015−0175
平成26年11月14日〜平成28年5月31日
117台  
  (計3型式) (計3車種) (製作期間全体の範囲)
平成26年11月5日〜平成28年7月15日
(計1113台)  

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

対策箇所説明図(PDF 287KB)