原動機(排気管)の不具合

リコール届出番号 4225
リコール届出日 平成30年3月30日
リコール開始日 平成30年3月30日
車名 カトウ
型式 下表 1型式
通称名 下表 -
リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
下表
対象台数 206台
不具合の部位 (部品名) 原動機(排気管)
不具合の状況 @ホイール・クレーンの排気管において、NOx後処理装置前の排気管接合部のクランプの選定が不適切なため、密閉性が低下しているものがある。そのため、接合部から排気ガス及び尿素水が漏れるおそれがある。
Aホイール・クレーンの排気管において、NOx後処理装置後の水抜き穴の位置が不適切なため、排出された水で機体が汚損するおそれがある。
改善措置の内容 @全車両、クランプを対策品に交換する。
A全車両、水抜き穴のうち、NOx後処理装置側についてはプラグを溶接して穴を塞ぎ、排気口側についてはパイプを溶接してドレンホースを取付ける。

車 名 型  式 通称名 リコール対象車の車台番号の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数 備  考
カトウ YDS‐KRC017 「カトウ KR-25H型 ラフター」 KRC017−0053〜KRC017-0165
平成28年8月2日〜平成29年4月25日
96台 @A
KRC017−0144〜KRC017-0282
平成29年4月25日〜平成30年1月19日
109台 @
KRC017−0153
平成29年4月4日
1台 A
  (計1型式) (計1車種) (製作期間全体の範囲)
平成28年8月2日〜平成30年1月19日
(計206台)  


【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。


対策箇所説明図(PDF 297KB)