会社情報

沿革(社業)

「パイオニアであること」への挑戦に終わりはありません。

KATOは明治28年の創業以来、技術開発においても常にオリジナルな発想、独自の視点で数々の偉業を成し遂げてきました。
業界史に一石を投じるエポックメーカーとしての役割を担い、リーディングカンパニーとしての自負が今日のKATOを支えています。
どこにも真似のできない、技術領域へ、そしてさらにKATOの躍進は続いていきます。

 
KATO
1895
個人事業として加藤鉄工所を創業
1920s
1923
内燃機関車および鉄道用モーターカーの制作に成功し鉄道指定工場になる
1930s
1935
個人事業を改組し、株式会社加藤製作所を設立
1938
エンジン、トラクター、ロードローラー、クレーン車両等の生産を開始
1940s
KATO HICOM(旧IHI建機株式会社)
1950s
1959
油圧式トラッククレーン、アースドリルの生産を開始
1952
石川島重工業株式会社(現IHI)と米国コーリング者との合弁会社「石川島コーリング株式会社」として発足
1953
205型パワーショベル1号機完成
1960s
1963
茨城工場の第一期工事が完了し操業を開始
1963
路面清掃車の生産を開始、ペーパードレーンマシンの生産を開始
1967
全油圧式ショベルの生産を開始
1969
世界最大の全油圧式トラッククレーンNK-750ジャンボを発表
1970s
1970
東証一部上場
1975
米国コーリング社との資本提携解消
1977
石川島建機株式会社に社名変更
1972
4.8吊りR5型ホイールクレーンを開発
1975
ミニショベルIS-010開発、ミニショベル市場に参入
1980s
1980
群馬工場の操業を開始
1980
ラフテレーンクレーンの生産を開始
1985
設立50周年を記念して本社ビルが完成
1987
オールテレーンクレーンKA-800を発表
1988
ミニショベルIS-30G業界初グッドデザイン賞受賞
1989
国内最大テレスコブーム式クローラクレーンCCH500T開発
1990s
1995
創業100周年
1995
純国産最大500t吊りNK-5000トラッククレーンを完成
1998
国際標準規格ISO9001認証取得
1998
KA-900を発表
1993
クローラキャリアIC30開発、キャリアシリーズ化
2000s
2004
代表取締役社長 加藤公康 就任
2006
加藤(中国)工程机械有限公司操業開始
2008
REGZAMシリーズHD820Vを発表
2002
イタリアに合弁会社IHIIMER S.p.A.を設立、欧州でミニショベル本格生産
2004
中国に合弁会社石川島中駿(厦門)建機有限公司を設立、中国でミニショベル本格生産
2008
IHI建機株式会社に社名変更
2010s
2010
SR-250R E-JIB仕様を発表
2010
フォワーダF801開発 林業分野に参入、クローラクレーンCCH2000-6開発、順次6型シリーズ発売
2014
ミニショベルV Fourシリーズ発売
2015
電気制御システム搭載、IC75-2クローラキャリア開発
2016
KATO WORKS (THAILAND) CO.,LTD. 操業開始
IHI建機株式会社を子会社化し、株式会社 KATO HICOM に商号変更

IHIIMER S.p.A.を KATO IMER S.p.A. に商号変更
2018
株式会社 KATO HICOM を吸収合併
KATO EUROPE B.V. を設立
群馬教習センターを開設
2019
坂東工場の操業を開始
石川島中駿(厦門)建機有限公司を加藤中駿(厦門)建機有限公司に商号変更
横浜工場(旧株式会社KATO HICOM)を閉鎖し、群馬工場に生産を移管
2020
2021
常陸那珂工場の操業を開始(予定)