会社概要
資材調達
採用情報
IR

TOP > 会社概要 > 沿 革

沿革

「パイオニアであること」への挑戦に終わりはありません

KATOは明治28年の創業以来、技術開発においても常にオリジナルな発想、独自の視点で数々の偉業を成し遂げてきました。

業界史に一石を投じるエポックメーカーとしての役割を担い、リーディングカンパニーとしての自負が今日のKATOを支えています。

どこにも真似のできない、技術領域へ、そしてさらにKATOの躍進は続いていきます。

1895
明治28年
●個人事業として加藤鉄工所を創業。
1923
大正12年
1935
昭和10年
●個人事業を改組し、株式会社加藤製作所を設立。
1938
昭和13年
1959
昭和34年
●油圧式トラッククレーン、アースドリルの生産を開始。
1963
昭和38年
●路面清掃車の生産を開始。
●ペーパードレーンマシンの生産を開始。
●茨城工場の第一期工事が完了し操業を開始。
 全油圧式トラッククレーンの量産体制に入る。
1967
昭和42年
●全油圧式パワーショベルの生産を開始。
1969
昭和44年
1970
昭和45年
●東証1部上場
1980
昭和55年
●ラフテレーンクレーンの生産を開始。
●群馬工場の操業を開始。
1985
昭和60年
●設立50周年を記念して本社ビルを完成。
1987
昭和62年
●国産初8WSオールテレーンクレーンを完成(KA-800)。
1995
平成7年
●創業100周年。
●純国産最大500t吊りNK-5000トラッククレーンを完成。
1998
平成10年
●国際標準規格,ISO 9001認証取得。
●KA-900を完成。
2001
平成13年
●SL-600を完成。
●KA-3000を完成。
2002
平成14年
●後方超小旋回型油圧ショベルHD308USを完成。
●KA-1300SLを完成。
2004
平成16年
●代表取締役社長 加藤公康 就任。
●MR-130を完成。
2005
平成17年
2006
平成18年
2007
平成19年
2008
平成20年
2010
平成22年
2011
平成23年