Top > KATOニュース > HD1430-7

KATO NEWS 新機種情報
特定特殊自動車排出ガス2014年基準適合 新型油圧ショベルREGZAMシリーズ30tクラス HD1430-7 新発売
pdf

㈱加藤製作所(取締役社長 加藤公康)では、油圧ショベルREGZAMの新シリーズとして、HD1430-7を平成29年1月より全国一斉に販売を開始いたします。
HD1430-7は尿素SCRシステムを搭載し、窒素酸化物(NOx)を大幅に低減。特定特殊自動車排出ガス2014年基準に適合した新エンジンを搭載。NETIS VE評価の燃費低減システムを採用し、低燃費で力強い作業性と抜群の操作性で作業効率の大幅アップを図っています。

目標販売台数は、年間100台です。


低燃費と環境負荷の軽減
  • 特定特殊自動車排出ガス2014年基準に適合。新世代のクリーンエンジンを搭載し、基準をクリア。
  • 燃費が17%向上 (※2020年燃費基準達成率100%以上を達成し、大幅な低燃費を実現。)
    定格出力
    182kW/1950min-1
    最大トルク
    1120N・m/1200min-1(※HD1430Vとの比較)
  • 排出ガス後処理システム(SCR)搭載。
    • 79ℓ(補給量)の大容量尿素水タンクを搭載し、燃料給油3回あたり尿素水補給1回の割合で稼働可能。
    • DPF(黒煙除去フィルタ)なしで排出ガス基準をクリア。
    • NOx(窒素酸化物)を80%低減。
作業性能向上
  • 内部構造の改良を施した新コントロールバルブを採用し、操作感向上。
  • 油圧配管径路の大径化、最適化により大幅な作業効率アップを実現。サイクルタイムが約30%短縮※
    (※HD1430Vとの90°旋回掘り捨て時での比較)
快適・安全性能
  • デザインを一新した次世代新型ROPSキャブを搭載。
  • 新型オートエアコンの採用(風量26%UP)とキャブ構造改善により、塵の入りづらいプレッシャライズ化(加圧キャブ)を実現。
  • ドアガラス部をポリカ一体窓とすることにより、デザイン性はもとより飛び石による割れの心配も無く、安全性向上。
  • エンジンニュートラルスタート機構により、セーフティレバーのロック位置でのみエンジンスタート可能。
  • 新型操作グリップ採用。スイッチを上下配置に変更し、手元を確認しなくてもスイッチ操作可能。グリップ形状見直しにより、更に操作性が改善。
  • バッテリディスコネクトスイッチを標準装備し、電気回路整備時の安全性向上。
  • 機体上面に手すりを追加し、メンテナンス時の安全性向上。
新型APC7を採用
  • 7インチワイドIPS液晶を採用し視野角を拡大。視認性を大幅に向上。
  • タッチパネルを採用し、操作性を向上。各モードの切替えはプルダウンメニュー方式のタッチスイッチを採用し、全てのモードを一度に確認可能。
  • リヤビューカメラ表示の標準化により、後方視界の安全性を向上。2台のカメラ映像を同時に表示するモードを搭載し、カメラの増設にも対応可能。
新エントリーシステム
  • ICタグによるエンジン始動管理システムを標準化し、セキュリティーを強化。
  • ICタグをアンテナ部で読み取り、認証によってエンジンの始動を管理。パスワードの管理が不要になり、負担軽減。
  • 始動タグ紛失や盗難時にはお客様自身で登録の削除が可能。
HD1430-7
HD1430-7  価格…¥26,500,000-(税抜き)
※価格は標準仕様、工場裸渡し価格です。

発売開始…平成29年1月
ホームページアドレス…http://www.kato-works.co.jp
製品の仕様や詳しいお問合せにつきましては最寄りの弊社支店・営業所までご用命ください。
写真データのご用命は営業本部(担当 椙山)までお願いいたします。
※ REGZAMは㈱加藤製作所の登録商標です。