Top > KATOニュース >HD513MR-6ショートリーチ解体仕様

KATO NEWS 新機種情報
特定特殊自動車排出ガス2011年基準適合 新型油圧ショベルREGZAMシリーズ13tクラス HD513MR-6ショートリーチ解体仕様 新発売
pdf

㈱加藤製作所(取締役社長 加藤公康)では、新型油圧ショベルREGZAMシリーズとして、13tクラス HD513MR-6ショートリーチ解体仕様を平成27年5月より全国一斉に販売を開始いたします。
HD513MR-6ショートリーチ解体仕様はNETIS登録の燃費低減システムを採用、特定特殊自動車排出ガス2011年基準に適合(届出済)。コンパクトなボディーと20t級圧砕機の組み合わせを可能にしたKATOのショートリーチ解体仕様機がデザインを一新。低燃費で力強い作業性と抜群の操作性により、狭い地下や解体現場での作業効率の大幅アップを図っています。

目標販売台数は、年間100台です。


コンパクトなボディーと20t級圧砕機の組み合わせにより、解体作業の効率をアップ
  • 3.9t増量ウエイトを標準装備した高い安定性。
  • 共用配管は20t級ブレーカ用アキュームレータを標準装備。
専用ブーム、専用アームにより高い耐久性を実現
  • ブームには階上へのつり上げに必要なつり用アイプレートを標準装備。
左側面集中配管
  • フロントの左側面に配管を集中させることで、視界性が悪い右側面側での作業時における配管損傷を防ぎます。
シリンダ損傷防止ガード
  • 解体時の飛散物からシリンダロッド部分を保護するスライドプロテクタを標準装備。
  • また、シリンダ自身を保護する大型ガードをオプションで設定。
狭い作業空間でも圧迫感を感じない標準機と同型の大型キャブを搭載。
専用スケルトンバケット、専用掘削用バケット、5本配管仕様など各種オプションを設定しています。
燃費を11%低減
  • HD513MRVと比較して燃費が11%向上。(※)
  • 燃費向上NETIS登録技術(待機時燃費低減システム)搭載。
    最大出力
    75kW/2000min-1
    最大トルク
    378N*m/1600min-1
    ※当社比(Aモード時)
国土交通省超低騒音型建設機械
  • 最適なエンジンカバー形状及び高い吸音効果のある吸音材の採用等により標準機で超低騒音型を実現しました。
クリーンなエンジン
  • 排出ガス後処理システム(DPF)を搭載し、粒子状物質(PM)を約90%削減。
  • 積層大容量型EGR(Exhaust Gas Recirculation)クーラ、可変ターボチャージャーを搭載し、NOxを更に低減。
新エントリーシステム
  • ICタグをアンテナ部で読み取り、登録IDとの認証によってエンジンの始動を管理。
  • パスワードの管理・入力が不要になり、手間が削減されるとともに、セキュリティーを高めました。
  • 始動タグは増数コピーが可能です。また、1つの始動タグで複数機の始動可能、1台の機械を複数の始動タグで始動可能です。
ワンキー化
  • 新エントリーシステム搭載によりエンジン始動用とカバー開閉用のキーが一種類になり、煩わしさが解消しました。
KATOオリジナル高性能シート
  • レバーコンソール廻りの強化により、操作レバーのフラつきを無くし、快適な操作性を実現。モケット素材のアームレストは、暑季の作業でも安全・快適です。長時間作業の疲労を軽減し、繊細な作業からハードな作業にも安定した操作が可能です。
新GPSシステム
  • CAN通信によりAPCと連携することで情報量が増加し、電気系統のエラーやオーバーヒートなどの情報を収集出来るようになりました。
使いやすさをさらに高めた新型APC
  • APC200に対して各種機能を向上したAPC300システムを採用。
  • 表示情報量が拡充され、フィルタ、オイルなどのメンテナンス時間の細やかな設定が可能です。
  • バックアップ機能で、APCのトラブル時でも自動でバックアップ制御に移行出来ます。
HD513MR-6SRK
HD513MR-6ショートリーチ解体仕様 価格…\14,500,000.-(税抜き)
※価格は標準仕様、工場裸渡し価格です。
(※本機に圧砕機は付属しません。)

発売開始…平成27年05月
ホームページアドレス…http://www.kato-works.co.jp
製品の仕様や詳しいお問合せにつきましては最寄りの弊社支店・営業所までご用命ください。
写真データのご用命は営業本部営業企画室(担当 椙山)までお願いいたします。
※ REGZAMは㈱加藤製作所の登録商標です。