KATO油圧ショベルの情報化施工対応機について




情報化施工とは

建設事業における調査、設計、施工、監督・検査、維持管理といった生産工程の「施工」において、情報通信技術(ICT)の活用により、各工程から得られる電子情報をやりとりして高効率・高精度な施工を実現し、施工工程で得られた電子情報を他の生産工程に活用することで生産工程全体における生産性の向上や品質の確保等を図るシステムです。


情報化施工システム
※国土交通省 情報化施工ページより引用

油圧ショベルマシンガイダンスシステムとは

情報化施工機器の1つで2D仕様と3D仕様があります。

2Dマシンガイダンスシステム

機体各所に取り付けられたセンサーにより算出される機体の姿勢と入力した施工面データをモニタ上に表示し、バケット歯先と施工面との差をガイダンスすることでオペレータを支援するシステムです。

2Dマシンガンシステム構成
2Dマシンガイダンスシステム構成

3Dマシンガイダンスシステム

2Dマシンガイダンスシステムに対し、3次元測位機器(GNSSなど)を追加することで、3次元施工データを使用することが可能となります。リアルタイムに施工面が確認できますので複雑な施工面でも丁張り等を必要とせずに高精度な施工が可能となります。

3Dマシンガンシステム構成
3Dマシンガイダンスシステム構成

導入のメリット

  • オペレータ自身で検測が可能となり安全性と作業効率が向上します。
  • 歯先を目視することができない作業(浚渫、深堀りなど)でも確実性が向上します。
  • 現場の丁張りを削減でき、設置コストや設置時間の削減に繋がります。
  • 施工精度向上により修正施工が削減されることで、施工期間短縮、環境負荷低減に繋がります。

省エネルギー型建設機械導入補助事業について

情報化施工機器を搭載した油圧ショベルの購入に対し、補助金が出る制度があります。

搭載省エネルギー技術 対象機種
情報化施工機器
(2D/3Dマシンガイダンス)
HD308US-6     
HD512-6     
HD513MR-6     
HD820-6     
HD823MR-6     
HD1430-7   

本制度の詳細については、一般財団法人製造科学技術センターの省エネルギー型建設機械導入補助事業ホームページをご参照ください。
http://www.eco-kenki.jp/index.html


お問い合わせ先

情報化施工機器搭載に関するお問い合わせは弊社支店・営業所へご連絡下さい。